ブログ

プラント工事の特徴とは?デジタルサイネージの活用事例も解説!

HOME > 建設現場ICT活用ブログ > デジタルサイネージ > プラント工事の特徴とは?デジタルサイネージの活用事例も解説!

プラント内の工事現場は一般的な工事現場とは異なる特徴があります

プラント工事」と聞いて、どのような工事をイメージするでしょうか?

一言で「プラント工事」と言っても、プラントには色々な種類があり、一般的な工事現場とも様々な点で異なります。

そこで今回はプラント工事の特徴やプラントの種類、そしてプラント内の工事現場においてデジタルサイネージを活用した便利な情報共有や安全注意喚起の周知方法についても詳しく解説します。

初めてプラント工事を担当するという方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

プラントとは?

 

プラントと聞くと、「大規模な生産設備」や「大規模な設備を有する製造工場」をイメージするかもしれません。このイメージも間違ってはいませんが、一般的には「複数の設備が同時に稼働している工場」をプラントと呼びます。

火力発電の工場を例に詳しく解説すると、化石燃料を燃焼させる「ボイラー」やその熱で作られた蒸気で回す「タービン」、ここで発生した電力を送る送電システムなどの全てを合わせて「プラント」と呼びます。

プラントの種類とは?

複数の設備が同時に稼働している工場の全てが「プラント」ですので、プラントの種類も多種多様です。

こちらの項目では、代表的なプラントの種類を5つ紹介します。

種類1:電気機械プラント

工作機械や装置、ロボットなどを製造するプラントを「電気機械プラント」と呼びます。他のプラントの中でも、より精密な機器が多く使われていることが特徴です。

種類2:食品プラント

加工食品や飲料を製造するプラントを「食品プラント」と呼びます。食品プラントで作られる食品が固形か液体かで設備の種類も大きく異なります。

種類3:製鉄プラント

鉄鉱石、石炭、石灰石などを原料に鉄を作ったり、鉄スクラップを溶かして再度鉄を作るプラントを「製鉄プラント」と呼びます。
「製鉄プラント」の施設は他のプラントの中でも大規模なのが特徴です。製鉄には多量の水やエネルギー、原材料が安定的に必要になるため、立地条件や物流網の確保が非常に重要です。

種類4:発電プラント

原子力、火力、風力、水力などの力を活用し、電力を作る発電所のことを「発電プラント」と呼びます。

他のプラントと比べても特に環境への対策が求められるプラントで、周辺住民や生態系の保護などの周辺環境への配慮が必要です。

種類5:環境プラント

廃棄物を焼却して熱エネルギーを回収したり、回収した資源をリサイクルして新たな素材を製造したりする工場を「環境プラント」と呼びます。

環境プラントの中にも、廃棄物の焼却やリサイクル、下水処理などその種類は多種多様です。

プラント工事とは?

ここまでの項目で「プラント」について解説しましたが、ここからはそのプラントの中で行われる工事である「プラント工事」について詳しく解説します。

「プラント工事」とは、プラントの施設内で行われる工事の全般を指します。プラント特有の広大な敷地内での工事ですので、土木工事や建設工事などその工事内容は多種多様です。

プラント工事の工事事例

ここではプラント工事の具体例として、代表的な工事の内容を5つ紹介します。

事例1:土木工事

プラント内で新しい建屋や設備を入れる前には、土木工事が必要となるため、プラント工事の中でも土木工事は多く発生します。また多くの企業で敷地内における緑化面積を規定していることもあり、土木工事に合わせて緑化工事も行われています。

事例2:建屋建設工事

どのプラントでも時代とニーズの変化に伴い事業内容を変化させています。その変化に対応するためには、新たな建屋の建設が必要となります。大規模な建設工事の場合もありますが、プラント内の空き地を活用した小規模な建設工事の場合もあります。

事例3:機械据付工事

プラント内で製造される製品の種類が変わったり、より生産性の高い製造ラインを導入するために、新たな設備の据え付け工事も多く発生します。

事例4:配線・配管工事

プラントは複数の機械が同時に稼働しているため、それらの機器を配線や配管で繋いでそれぞれを連携させています。プラント内での配線・配管工事は、大規模な工事から精密な工事まで様々な規模の工事があることが特徴です。

事例5:解体工事

プラントと呼ばれる大規模な工場の多くは何十年も続いていることが多く、老朽化した施設の建て替え工事や古い機器の撤去・搬出も多く行われます。建設工事や機械の新設工事など様々な種類のプラント工事に伴って、この解体工事が必要になる場面も多々あります。

プラント工事の特徴3選

「プラント工事」と言っても様々な種類の工事内容がありますが、その中でもプラント工事特有の共通点があります。

どの種類のプラントでの工事を担当するかまだわからないという方でも、この3つの特徴を押さえておくと、どんなことに注意が必要なのかがイメージできるかもしれません。

特徴1:工事規模が大きい

プラント工事の多くは大規模な工事であることが多いです。工事を行う敷地面積が広く、工期も長い傾向にあります。

特徴2:作業員が多い

工事規模が大きいため、参加する作業員の人数も多くなります。大人数で長期間の工事を行うため、効率的に作業を進めることや高い生産性を維持することが難しく、同じ情報を同時に大勢に届ける工夫が必要です。

特徴3:協力業者が多い

プラント工事の多くは1社だけで完結せずに、複数の業者が連携して1つの工事を進めることが多いです。各協力業者間が密にコミュニケーションを取る必要があります。

プラント工事に求められるスキル3選

このような特徴があるプラント工事の現場では、特に求められるスキルが3つあります。この3つのスキルを集中して磨き上げることで、プラント工事をよりスムーズかつ安全に進めることに繋がります。

スキル1:進捗管理スキル

プラント工事の多くは工期が長く、場合によっては工事場所が複数に分かれることも考えられます。また年間での工事スケジュールを組んでいるプラントも多いため、高い進捗管理スキルが求められます。

スキル2:安全注意周知スキル

プラント工事は工事範囲も広く、作業員の人数も多い傾向にあるため、危険箇所の周知を徹底する必要があります。プラント内での事故が発生した場合は、プラントの稼働が止まる恐れもあるため、安全注意喚起の周知を徹底する工夫が必要です。

スキル3:対応スキル

プラント工事は多くの協力業者が連携しているため、最初に計画した工事スケジュール通りに進まないことも多々あります。そのため、様々なトラブルや変更点に臨機応変に対応しなければなりません。

工事範囲や工事内容の変更などを大勢の作業員へ臨機応変に共有する工夫が必要です。

プラント内の工事現場でデジタルサイネージが活躍しています!

作業員も多く、関係する協力業者も多い、さらに工期が長い分細かな変更点も多いのが「プラント工事」の特徴です。

このプラント工事を円滑かつ安全に進めるために、多くのプラント内の工事現場で「デジタルサイネージ」が活用されています。

ここからは工事現場に特化したデジタルサイネージのご紹介をさせていただきます。

デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージとは、一般的にはショッピングモールや駅や空港などに設置されているデジタル情報を表示させられる「電子的な看板」のことです。

屋内だけでなく、屋外の看板として街中に設置されることも増えています。

一般的には新商品の告知やお客様への情報共有の手段として使われているデジタルサイネージですが、近年は工事現場へ設置されることも増えています。

プラント内の工事現場に設置するなら「LEDビジョン」がおすすめ!

工事現場に設置するデジタルサイネージは「LEDビジョン」と「液晶ディスプレイ」の2種類があります。

簡単にこの2つの特徴を解説すると、大規模なデジタルサイネージを設置する際には「LEDビジョン」の方がコストメリットがあり、小規模なサイズでコストメリットがあり、より細かい情報をきれいに表示させられるのが「液晶ディスプレイ」です。

大規模な工事が多いプラント工事では「LEDビジョン」を設置することが一般的です。

「LEDビジョン」と「液晶ディスプレイ」の違いについて詳しく知りたいという方は、以下の関連記事も合わせてご覧ください。

>> 建設現場にはどちらが良い!?「LEDビジョン」と「液晶ディスプレイ」の違いとは?

プラント内の工事現場に設置したデジタルサイネージの事例

工事現場に特化したデジタルサイネージの販売を行う「ヤマト広告株式会社(以下、ヤマト広告)」では、全国の様々なプラントにデジタルサイネージを設置した実績があります。

過去にプラントに設置した事例をご紹介しながら、それぞれの工事現場でのデジタルサイネージの活用事例について解説します。

事例1:火力発電プラント(145インチのLEDビジョンを設置)

こちらの火力発電プラントは大規模な工事現場であったため、145インチとかなり大型のデジタルサイネージを設置した事例です。

この工事現場でのデジタルサイネージの使い方としては、朝礼の時にはiPhoneやiPadからミラーリング機能を使い、ラジオ体操の映像を流しました。

作業中の時間にはCMS(コンテンツ管理システム:ヤマト広告のゲンバルジャーなど)を使い、作業所のスローガンや安全注意喚起のメッセージを順番に表示させて、作業員の意識向上に努めました。

事例2:火力発電プラント(130インチのLEDビジョンを設置)

こちらの火力発電プラントの工事現場では、朝礼時にミラーリング機能を使い、ラジオ体操の映像や毎日の工事内容の共有を行いました。

このデジタルサイネージを設置した朝礼広場は、朝礼時以外は作業員があまり立ち入らない工事現場でした。

このような工事現場の場合は、朝礼時にのみデジタルサイネージの電源を入れて使用し、日中は電源を切ることで節電にも繋がります。

事例3:電気機械プラント(125インチのLEDビジョンを設置)

このプラント工事を実施したのがかなり暑い時期だったので、熱中症対策をはじめとする安全注意喚起ポスター画像を中心に表示させていました。

紙で印刷したポスターを朝礼看板に掲示していても、なかなか作業員の目には止まりにくいですが、次々と画面が変わるデジタルサイネージでは紙のポスターよりも目に止まりやすい傾向にあります。

事例4:製薬プラント(90インチのLEDビジョンを設置)

この製薬プラントでの工事では、特に注意が必要な配管工事を行っており、作業員への教育のメッセージや作業内容を伝える動画を流しました。

毎回の朝礼で工事の注意点を共有しつつ、休憩所の近くに設置したデジタルサイネージでも注意点の共有をすることで、作業の注意点が作業員の意識に残りやすい工夫をしました。

モニたろうDシリーズ(LEDビジョン)の商品紹介

ヤマト広告が全国のプラント工事の現場に設置したデジタルサイネージは「モニたろうDシリーズ」というLEDビジョンです。

モニたろうDシリーズは工事現場への設置に特化した商品ですので、屋外での雨・風・粉塵への対策も万全です。

また、モニたろうDシリーズは320mm角のLEDビジョンを組み合わせて、1つのデジタルサイネージを作っています。そのため、万が一デジタルサイネージの一部が破損・故障した際にも、破損箇所のみを交換することですぐに使えるようになります。

75インチを超える大型のデジタルサイネージの設置を検討している場合は、液晶ディスプレイよりもLEDビジョンの方がコストメリットが出るのでおすすめです。

>> モニたろうDシリーズについて詳しく見る

プラントにおける工事現場にはデジタルサイネージの設置がおすすめ!

今回は「プラント」や「プラント工事」についての概要や種類について解説しました。初めてプラント工事を担当する施工管理者や作業員の方々は、一般的な工事現場との違いに驚くかもしれません。

プラント工事は規模が大きく、作業員も多いため、効率的に臨機応変に情報共有が行えるデジタルサイネージを活用して、安全な作業環境を整えましょう。

工事現場に設置するデジタルサイネージについてのお問い合わせは以下よりお待ちしております。

>> 無料相談はこちらから

その他の記事

お問い合わせ

実際に
ミラーリング等機器の
使い方や
使用感をご検証
いただくことが可能です。

ご購入・レンタルのご相談は
お取引のある建機レンタル会社様に
ご相談ください。

東京ショールーム

東京ショールーム

MAPを見る

〒104-0032
東京都中央区八丁堀1-3-9
坂根八重洲ビル8階

大阪ショールーム

大阪ショールーム

MAPを見る

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島7-12-23
ホーククレセント第一ビル6階

福岡ショールーム

福岡ショールーム

MAPを見る

〒812-0016
福岡県福岡市博多区博多駅南1-4-5
博多駅JSビル5階5-C

バーチャル展示会

Webミーティングにて実機説明・疑似体験も大歓迎です。詳しくはお問い合わせください。

製品についてのお問い合わせ・
ご相談はこちら

資料請求

メールアドレスをご入力ください。
自動返信にて送信いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。
ダウンロードいただきますとメールマガジンに登録させていただきます。
いつでもワンクリックで配信解除が可能です。

    所属
    建設会社様建機レンタル会社様その他

    ※同カテゴリー製品を販売されている企業様からのダウンロードはご遠慮ください。

    ※自動返信メールが届かない場合登録いただいたメールアドレスが間違っている可能性があります。再度ご登録ください。

    • お電話でのお問い合わせ06-6195-8470
    • 製品サポートダイヤル03-6280-5895
    • 営業時間/9:00~18:00
      ※土日祝祭日を除く