ブログ

屋外の工事現場だけじゃない!屋内にも設置したいおすすめのデジタルサイネージとは?

HOME > 建設現場ICT活用ブログ > デジタルサイネージ > 屋外の工事現場だけじゃない!屋内にも設置したいおすすめのデジタルサイネージとは?

 

 

屋内と屋外のデジタルサイネージを連動させることで「情報共有の効率性」も「作業員の安全意識」も同時に高めることに繋がります!

工事・建設業でもSDGsや働き方改革の観点から、デジタルサイネージを導入する現場が増えていますが、今は屋外の朝礼看板に埋め込む形で導入するのが一般的です。

しかし、更なる業務効率化や作業員の安全意識の向上を狙い、詰所や休憩所などの「屋内」にもデジタルサイネージを設置する動きが加速しています。

そこで今回は、「屋内用デジタルサイネージ」の便利な使い方や、屋内に設置するのにおすすめなデジタルサイネージの種類について解説します。

屋外用デジタルサイネージを導入してるけど、屋内にはまだ導入していないという方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

工事現場でデジタルサイネージはどんな使われ方をしてる?

一般的な工事現場では、朝礼看板に埋め込む形で導入されることが多く、屋外での使用が中心的な使われ方です。

朝礼看板に埋め込まれたデジタルサイネージには、ラジオ体操の動画を流したり、作業の注意点の解説資料を表示させたりします。作業中には落下防止や熱中症などの安全注意喚起に関するポスター画像を表示させています。

朝礼スペース以外では、仮囲いに小型のデジタルサイネージを設置して、近隣住民の方々に向けて、工事の内容や進捗状況についての情報共有をすることが増えています。

屋内でのデジタルサイネージの便利な使い方「5選」

工事現場においては、屋外で使われることが多いデジタルサイネージですが、最近は詰所や休憩所などの「屋内」にも設置することで、更なる業務効率化や作業員の安全意識の向上を狙っている現場が増えています。

そこで、こちらの項目では、屋内にデジタルサイネージを導入している現場がどのような使い方をしているのかという点について解説します。

使い方1:朝礼・終礼会議

工事現場では作業の前後に、作業員全員が参加する「朝礼と終礼」を行います。

朝礼時にはラジオ体操の動画を流したり、その日の作業の注意点を共有したり、終礼時には、その日に起こった注意点や翌日の工事スケジュールの共有をしたりして、屋内用デジタルサイネージが活用されています。

使い方2:職長会議

各部門の管理者による「職長会議」では、それぞれの担当部門の工事進捗や問題点についての共有を行います。

特に工事進捗共有する場合は、資料や動画を使った説明の方が伝わりやすいため、屋内用デジタルサイネージが活用されています。

使い方3:新規入場者教育

工事現場に新しい作業員が入場する際には、現場の状況や安全に作業するための注意点を共有するために「新規入場者教育」を行います。

新規入場者教育では、屋内用デジタルサイネージにプレゼン資料を映しながら、元請け事業者や職長が話すことが一般的です。

使い方4:休憩中の作業員への伝達

工事現場では、休憩時間になると作業員は詰所内で食事や休憩を取ることが一般的です。

休憩時間の終わりが近づいてきたら、屋内用デジタルサイネージにカウントダウンを表示させて休憩時間の終わりを知らせたり、安全注意喚起のポスター画像を表示させて、午後の作業への気持ちの切り替えを促したりしています。

使い方5:監視カメラの映像

工事現場内には、建築資材や建設機器など高価なものが多く、盗難事件が発生するリスクも考えられます。

そこで多くの工事現場では、入場ゲートに監視カメラを設置して、詰所内に設置した屋内用デジタルサイネージでチェックしています。

さらに、屋内用デジタルサイネージの特徴や活用方法について詳しく知りたいという方は、以下の関連記事をご覧ください。

※関連記事:工事現場における屋内用ディスプレイの「活用術5選」

工事現場における屋内用ディスプレイの「活用術5選」

 

おすすめの屋内用デジタルサイネージ「3選」

屋外用のデジタルサイネージも種類やサイズが多くて、選ぶのが難しいかもしれませんが、屋内用のデジタルサイネージもどのサイズを選べば良いかわからないという方も多いと思います。

そこで、全国200箇所の工事現場にデジタルサイネージを納品しているヤマト広告がおすすめする屋内用ディスプレイを3種類ピックアップしてご紹介します。

おすすめ1:32インチの液晶ディスプレイ

まず最初にご紹介するのは「32インチの液晶ディスプレイ」です。

小規模な工事現場でも、あまりにも小さいデジタルサイネージだと、設置する効果が薄れてしまいます。

もし小さいサイズのデジタルサイネージを導入したいという工事現場でも、最低でも32インチのサイズがおすすめです。

32インチの液晶ディスプレイについて詳しく見たい方こちらをご覧ください。

屋内用32インチディスプレイ

おすすめ2:55インチの液晶ディスプレイ

ヤマト広告が納品した屋内用液晶ディスプレイの中では、「55インチの液晶ディスプレイ」が最も選ばれています。

選ばれている理由は、小さすぎず、大きすぎない「丁度いいサイズ感」です。

屋外用デジタルサイネージは導入しているけど、屋内にはまだ設置したことがないという方は、まず55インチの液晶ディスプレイを試しに導入してみることをおすすめします。

55インチの液晶ディスプレイについて詳しく見たい方はこちらをご覧ください。

屋内用55インチディスプレイ

おすすめ3:110インチの液晶ディスプレイ

大人数が入れる会議室や休憩所に設置するのであれば、「110インチの液晶ディスプレイ」がおすすめです。

作業員が多い工事現場では、1人の作業員がデジタルサイネージを目にする機会を増やすことで、作業効率や安全意識が高まると言われています。

屋外用に設置するだけでなく屋内にも設置して、同じコンテンツを表示することで、記憶に残りやすくなります。

特に大規模な工事現場では、屋内にもデジタルサイネージを設置することをおすすめしています。

110インチの液晶ディスプレイについて詳しく見たい方はこちらをご覧ください。

屋内用110インチマルチディスプレイ

屋内用デジタルサイネージに付属すべき機器

デジタルサイネージにコンテンツを表示させるためには、CMS(コンテンツ管理システム、ゲンバルジャーなど)やUSBプレイヤーを使う必要があります。

CMSは画面分割やスライドショーなど使える機能は多いのですが、操作が少し複雑です。USBプレイヤーは操作がシンプルですが、1つのコンテンツを表示することしかできません。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、詳しく知りたい方は、以下の関連記事を合わせてご覧ください。

※関連記事:ゲンバルジャーとUSBプレイヤーの使い方

ゲンバルジャーとUSBプレイヤーの使い方

屋内用デジタルサイネージの導入事例

屋内用デジタルサイネージを導入した工事現場の中から、55インチと110インチの導入事例をご紹介します。

導入事例1:55インチの液晶ディスプレイ(岡山県)

こちらは岡山県のある企業の社員寮の新築工事の現場に、屋外の朝礼スペースに75インチの液晶ディスプレイと、詰所内に55インチの液晶ディスプレイを導入した事例です。

全作業員に効率よく情報共有を行うために、屋外と屋内のデジタルサイネージに同じコンテンツを表示させました。

導入事例2:110インチの液晶ディスプレイ(東京都)

こちらは東京都内のある建設現場の会議室内に110インチの液晶ディスプレイを2台設置した事例です。

参加する作業員の人数が多い現場だったため、大型のデジタルサイネージを左右に1台ずつ設置することで、前作業員に情報を伝える工夫をしました。

どの規模の工事現場で、どのサイズのデジタルサイネージが最適なのかわからないという方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

>> 無料相談はこちらから

デジタルサイネージに特化した「無料コンテンツ」を配布中!

工事現場にデジタルサイネージを導入しても、表示させるコンテンツを準備するのが大変だという声が上がっています。そこでヤマト広告では、誰でも無料でデジタルサイネージに最適化したコンテンツをダウンロードできるようにしました。

最短1分でダウンロードできるので、ぜひお試しください。

無料コンテンツのダウンロードの方法

▼ステップ1

まずこちらからヤマト広告HP内のコンテンツページに移動します。

>> 【無料】ヤマト広告のコンテンツページはこちらです。

▼ステップ2

画面下にある「初めてご利用の方」の箇所から無料メルマガに登録します。

▼ステップ3

お好きなコンテンツを無料でダウンロードしていただけます。
最短1分で登録できるので、ぜひご活用ください。

 

>> 【無料】ヤマト広告のコンテンツページはこちらです。

【助太刀丸×モニたろう】月額1.5万円でオリジナルコンテンツ作り放題!

デザイナーシェアリングサービスの「助太刀丸」とヤマト広告は、「月額1.5万円」で工事現場・建設現場で使用したいオリジナルのポスターや画像が作り放題(※1)のサービスを開始しました。

※1:1つの制作物が完了後、次の制作物が依頼可能となります。

格安でオリジナルコンテンツを作りたい方はこちらのサービスもぜひお試しください。

>> お申し込みはこちらからお願いします。

工事現場に特化したデジタルサイネージのご案内

ヤマト広告はマンションの建設現場や工場内の施設の新設工事、トンネル工事など、現場規模も種類も多種多様な工事現場にデジタルサイネージを納品した実績があります。

工事現場によって最適なデジタルサイネージは異なりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

▶︎大規模な工事現場には「LEDビジョン」がお得です!

>> ヤマト広告のLEDビジョン「モニたろうDシリーズ」について詳しく見る

▶︎小規模な工事現場には「液晶ディスプレイ」がお得です!

>> ヤマト広告の液晶ディスプレイ「モニすけ」について詳しく見る

詰所や休憩室にも設置して更に業務効率化を図りましょう!

今回は屋外にはデジタルサイネージをすでに設置しているけど、屋内にはまだ導入していないという方に向けて、屋内用デジタルサイネージのご紹介をさせていただきました。

屋外と屋外に合わせて導入することで、その効果は格段に上がります。工事現場の作業効率や作業員の安全意識を向上させたいと考えている方は、ぜひご検討ください!

>> 無料相談はこちらから

その他の記事

工事現場における屋内用ディスプレイの「活用術5選」

    工事現場では屋外と屋内の両方でデジタルサイネージが活用されています 近年、DX化や業務効率化の観点から、工事現場にデジタルサイネージを導入する現場が増えています。 一般的には、屋外用のデジタル […]

お問い合わせ

実際に
ミラーリング等機器の
使い方や
使用感をご検証
いただくことが可能です。

ご購入・レンタルのご相談は
お取引のある建機レンタル会社様に
ご相談ください。

東京ショールーム

東京ショールーム

MAPを見る

〒104-0032
東京都中央区八丁堀1-3-9
坂根八重洲ビル8階

大阪ショールーム

大阪ショールーム

MAPを見る

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島7-12-23
ホーククレセント第一ビル6階

福岡ショールーム

福岡ショールーム

MAPを見る

〒812-0016
福岡県福岡市博多区博多駅南1-4-5
博多駅JSビル5階5-C

バーチャル展示会

Webミーティングにて実機説明・疑似体験も大歓迎です。詳しくはお問い合わせください。

製品についてのお問い合わせ・
ご相談はこちら

資料請求

メールアドレスをご入力ください。
自動返信にて送信いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。
ダウンロードいただきますとメールマガジンに登録させていただきます。
いつでもワンクリックで配信解除が可能です。

    所属
    建設会社様建機レンタル会社様その他

    ※同カテゴリー製品を販売されている企業様からのダウンロードはご遠慮ください。

    ※自動返信メールが届かない場合登録いただいたメールアドレスが間違っている可能性があります。再度ご登録ください。

    • お電話でのお問い合わせ06-6195-8470
    • 製品サポートダイヤル03-6280-5895
    • 営業時間/9:00~18:00
      ※土日祝祭日を除く