ブログ

工事現場におけるドローンの活用術や注意点を解説!デジタルサイネージとの相性もバツグン!

HOME > 建設現場ICT活用ブログ > デジタルサイネージ > 工事現場におけるドローンの活用術や注意点を解説!デジタルサイネージとの相性もバツグン!

 

 

 

工事現場でドローン活用が進んでいます!

工事現場は様々なシーンで危険と隣り合わせであり、他の業界と比べても毎年の事故件数が多い業界です。

この工事現場での作業をより安全により効率的に行うために活用が進んでいるのが「ドローン」です。

特に高所での危険作業にドローンを導入することで、作業員のリスクを最小限に減らす工夫がされています。

そこで今回は工事現場におけるドローンの活用術や、工事現場にドローンを導入する際の注意点について解説します。

今後、工事現場へのドローンの導入を検討している方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

工事現場でドローンの活用が進んでいる「3つの活用術」

まずは工事現場に導入されたドローンがどのような作業に活用されているかについて、3つの事例をご紹介します。

ここでご紹介する事例は、作業員の安全性の確保だけでなく、ドローンで行う方がより効率的で、作業時間を大幅に短縮できています。

工事現場にドローンを導入したいけど、どの作業から導入すべきかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

活用術1:「測量」の効率化

工事を始める前に正確な地形を把握するために「測量」という作業が必要です。

従来の方法では、トータルステーションなどの測量機器を使って、2〜3名体制で行うことが一般的です。

しかし、人手不足の問題が深刻化している工事現場では、人手も時間もかかる測量業務の効率化が長らく課題となっていました。

そこで、測量業務にドローンを導入することで、従来の測量方法よりも低コストで、業務工数もはるかに少なく、測量を行うことが可能になりました。

国土交通省の「i-Constructionの推進について」では、ドローンを導入することで、「約30日(80%)の工程短縮」を実現できるという報告もあり、大幅な工数削減が期待できます。

また、ドローンの機種によっては、測量により3Dデータとして図面を活用することも可能です。

工事現場のDX化を推進するのであれば、活用できるデータは多い方が良いので、今後はドローンによる測量が主流になると見込まれています。

活用術2:「高所点検」の効率化

工事現場での事故の多くは「高所作業」に関わる業務から発生しています。

作業員が高所で作業を行うことにより、安全帯の不具合や誤った使用方法を行うことによる作業員の落下事故や、高所で作業する作業員が工具や資材を落下させてしまう事故が発生する恐れもあります。

高所作業の中でも、「建設作業」はどうしても人の手で行う作業が多くなりますが、「高所点検」はドローンを活用することで、作業員が高所に行く必要がない作業も増えています。

高所点検を行う際に、事前にドローンで全体像を把握することで、特に劣化の激しい箇所を特定し、作業員による詳細点検や修復が可能です。

1から人手で確認するよりも効率的で安全ということで、ドローンによる点検作業の市場は今後さらに拡大するとも予測されています。

活用術3:「定点観測」の効率化

特に大規模な工事の場合は、工事現場の全体が見える場所に定点カメラを設置して、工事関係者に進捗を共有することが求められます。

従来の手法では足場を組んだり、近くの高い建物にカメラを設置していますが、ドローンを活用することで、この定点観測を効率化することができます。

ドローンの飛行経路をプログラム化することで、同じ時間に同じルートを走行し、定点からの撮影を低コストで行うことができます。

工事現場でドローンを導入する際の「5つの注意点」

様々な便利な使い方ができるドローンですが、気軽に飛行物体を飛ばせるという裏には、色々な注意点が潜んでいます。

工事作業を効率化できるツールですが、導入する際には以下のような注意点を把握しておく必要があります。

ここでは5つの注意点をご紹介しますので、ドローンを導入する前に、必ずチェックしてください。

注意点1:使用前にドローンに関する「操作方法を学ぶ」

趣味で使うドローンは比較的安価なものも出てきていますが、工事現場で測量や点検に使う業務用ドローンは高価なものが多く、取り扱いには注意が必要です。

工事現場にドローンを導入する際には、事前に講習会に参加するなどして、ドローンの適切な操作方法や活用方法を学ぶ方が望ましいでしょう。

全国には1,000以上のドローンスクールがあり、中には測量や点検に特化したコースを提供しているスクールもあるようです。

ドローンの故障や誤作動による事故を避けるためにも、事前に操作方法をしっかり学びましょう。

注意点2:使用前にドローンに関する「法令を学ぶ」

ドローンを安全に飛行させるには、「航空法・航空法施行規則」「小型無人機等飛行禁止法」「電波法」「道路交通法」など、多くの法令を遵守する必要があります。

また、ドローンを飛行させる場所によっては、事前申請が必要なケースもあります。

違反行為を避けるためにも、事前に法令や届出についての確認を行いましょう。

注意点3:工事現場でドローンを飛ばす前に「点検をする」

他の工事機器を使う時と同じですが、より安全に作業を行うために、ドローンを高所まで飛ばす前には、必ず事前に点検と試運転を行いましょう。

誤作動を起こして、作業員に怪我をさせたり、建設物に衝突するリスクも考えられます。

工事現場にはまだ馴染みが少ないドローンでの事故が発生すれば、その後再度導入するハードルは急激に高くなります。

安全性と効率性を兼ね備えたドローンを有効活用するためにも、事前のチェックを行いましょう。

注意点4:工事現場の他の作業を止めないように「時間帯や場所を選ぶ」

ドローンを飛ばすためには、様々な規制や注意点があります。中でも作業員がいる上空での飛行や、高所クレーンが作業している近くでの飛行は、大変危険です。

業務を効率化するためにドローンを導入しても、他の作業を止めていては元も子もないので、必ず他の作業とのバランスを考えて飛行させましょう。

注意点5:騒音や距離など「周辺住民へ配慮する」

ドローンの1番の問題点は「騒音」です。

ドローンの飛行音に聞き馴染みがない方にとっては、多少の飛行音でも気になったり、時には怖いと感じる方もいるかもしれません。

ドローンでの作業を行う際には、工事現場の仮囲いに小型のデジタルサイネージを設置して、ドローン作業に関する事前告知を行うなど、近隣住民への配慮が必要です。

「ドローン×デジタルサイネージ」で「情報共有の効率化」を推進!

今回の記事では、工事現場におけるドローン活用についてご紹介させていただいておりますが、ドローンで撮影したコンテンツを工事現場に設置したデジタルサイネージに映し出すことで、さらに作業員への情報共有を効率化することができます。

大きな工事現場では、それぞれの作業員が関わっている業務の全体像がイメージしにくくなることも多々あります。

そのような時に、ドローンで定点観測した画像や動画を朝礼時に全作業員に見てもらうことで、工事の全体像の把握や作業員のモチベーションの向上に繋がります。

工事現場にドローンを導入する際には、合わせてデジタルサイネージの導入も検討してみてはいかがでしょうか?

次の項目では、工事現場に特化したデジタルサイネージのご紹介をさせていただきます。

工事現場に特化したデジタルサイネージのご紹介

全国200箇所以上の工事現場にデジタルサイネージを納品した実績のあるヤマト広告株式会社では、工事現場での使用に特化したデジタルサイネージを取り揃えております。

工事現場の「業務効率化」や「安全意識の向上」に役立つツールとして活用されているので、まだ導入していないという方は、ぜひ詳しくご覧ください。

種類1:モニたろう Dシリーズ(LEDビジョン)

「モニたろうDシリーズ」は工事現場への設置に特化した「朝礼看板LEDビジョン」です。

LEDビジョンは320mm角のLEDパネルを結合させて大型のデジタルサイネージを構成しています。そのため、際限無く大きくすることも可能です。

工事現場に設置する際には、大きいもので200インチを超えるサイズのLEDビジョンを導入することもあります。

また、デジタルサイネージのもう1つの種類である「液晶ディスプレイ」に比べると、90インチサイズ以上のデジタルサイネージを導入する際には「LEDビジョン」の方がコストメリットが出ます。

特に大規模な工事現場で、大型のデジタルサイネージを導入する際には、LEDビジョンをおすすめしています。

>> モニたろうDシリーズについて詳しく見る

種類2:全画面LEDビジョン朝礼看板『モニたろう』

LEDビジョンを204インチ以上に組み上げたデジタルサイネージは、「全画面LEDビジョン朝礼看板『モニたろう』」として商品化しております。

一般的なデジタルサイネージは朝礼看板に埋め込む形で設置することが多いですが、こちらは朝礼看板の全体をデジタルサイネージにした種類です。

画面分割をして複数のコンテンツを表示することができるので、ポスターや工事資料を手作業で張り替える作業をなくすことができます。

他の工事現場にはない「大きなインパクト」と「最新技術」を導入することで、作業員のモチベーションの向上に繋がっています。

>> 全画面LEDビジョン朝礼看板について問い合わせる

種類3:モニすけ(液晶ディスプレイ)

「モニすけ」は、工事現場に特化した「屋外用高輝度液晶モニター」です。

LEDビジョンよりも視認距離が近く、自宅でテレビを見るように近くからでも綺麗に細い図面なども表示することができます。

また90インチ以下のデジタルサイネージを導入する際には、液晶ディスプレイの方がコストメリットが出る傾向にあります。

さらに最近では、仮囲いに小型の液晶ディスプレイを設置して、近隣住民への情報共有を行う工事現場も増えています。細かく丁寧に情報共有を行うことで、近隣住民とのトラブル回避に効果が期待できます。

>> モニすけについて詳しく見る

ドローンで工事現場のDX化を推進!

工事現場にドローンを導入することで、DX化の推進に繋がり、多くの場面で業務の効率化や安全性の向上に繋げることができます。

ただしドローンを使用する際には、様々な注意点もあるので、今回ご紹介した内容を元に、個別に対応をしていただければと思います。

また、ヤマト広告では工事現場に特化したデジタルサイネージを幅広く取り扱っております。デジタルサイネージについてもっと詳しく知りたいという方は、他の関連記事も合わせてご覧ください。

>> 無料相談はこちらから

その他の記事

工事現場での作業員の危険意識を高める方法

    デジタルサイネージを活用して工事現場での危険意識を高めましょう! 工事現場では、スケジュール通りに高品質の工事を進行させることも大切ですが、何よりも「怪我や事故を起こさずに安全に」工事を進める […]

お問い合わせ

実際に
ミラーリング等機器の
使い方や
使用感をご検証
いただくことが可能です。

ご購入・レンタルのご相談は
お取引のある建機レンタル会社様に
ご相談ください。

東京ショールーム

東京ショールーム

MAPを見る

〒104-0032
東京都中央区八丁堀1-3-9
坂根八重洲ビル8階

大阪ショールーム

大阪ショールーム

MAPを見る

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島7-12-23
ホーククレセント第一ビル6階

福岡ショールーム

福岡ショールーム

MAPを見る

〒812-0016
福岡県福岡市博多区博多駅南1-4-5
博多駅JSビル5階5-C

バーチャル展示会

Webミーティングにて実機説明・疑似体験も大歓迎です。詳しくはお問い合わせください。

製品についてのお問い合わせ・
ご相談はこちら

資料請求

メールアドレスをご入力ください。
自動返信にて送信いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。
ダウンロードいただきますとメールマガジンに登録させていただきます。
いつでもワンクリックで配信解除が可能です。

    所属
    建設会社様建機レンタル会社様その他

    ※同カテゴリー製品を販売されている企業様からのダウンロードはご遠慮ください。

    ※自動返信メールが届かない場合登録いただいたメールアドレスが間違っている可能性があります。再度ご登録ください。

    • お電話でのお問い合わせ06-6195-8470
    • 製品サポートダイヤル03-6280-5895
    • 営業時間/9:00~18:00
      ※土日祝祭日を除く